宇土を支えるTAKARA

宇土飯はこの方達なしでは成りたたない!宇土でがんばる人達をご紹介致します。
 

 

   

蒼土窯 前田 和さん

 

 前田和

 

網田焼を自らの手で復興

品格を保ちながら新しい風を

 

江戸時代、高い評価を受けていたにも関わらず廃窯になった網田焼を復興しようと宇 土に越して30 数年。当時の品格を保ちつつ新しい焼き物づくりに取り組んでいます。 熊本市生まれ。網田焼を復興した陶芸家。その他に草花をモチーフとした焼き物を多 く手がける。地域の橋の欄干や駅のモニュメントなどの制作にも携わる。

 

 前田和

 

 前田和

 

 前田和

 

 前田和

 

 

 


蒼土窯 前田 和さん

宇土市下網田町380  

電話0964-27-0777

 

<< 宇土のTAKARA(宝)一覧へ戻る